« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の記事

2006年11月26日 (日)

サンクチュアリの水。

Ts310977_2釣り池の水ぢゃないです(笑)。
つきちん。は毎日「美山の水」を飲んでますが、サンクチュアリにも「楓林(ふうりん)の水」が売ってたんで、買って帰りました。
なんでも、寿命が延びる水と言われているそーです。
井戸水らしいまったりとして甘い味…。コーヒー作ったら美味そーですね。

「おかーさん、リンスとしても使えるそーやでー。」
って、話してたんですが…。

野球から帰ってきたりゅうちん。が知らずに一気飲みしちゃいましたー(泣)。

こいつ、長生きするわ…(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

ウサギ派?カメ派?

Ts310962__2勤労感謝の日…。今日はつきちん。が3食作れー!と言われる前に朝から釣りへ(笑)。
何処行こかと悩んだんですが、「爆釣したーい!今日こそ勝負だ!」って事で京都から離れて三重のサンクチュアリまで。ヒメマスも諦めきれてません(笑)。

ゆっくり出発だったんで10:30から第2ポンドでスタート。「カワム○君」は今日は来てないようです。残念。

フライフィッシングエリアの先客はルースニングの方3人。いちばんバックスペースがある所が空いてたんで(割り込み?)入れてもらいました。

サンクチュアリはオールシーズン表層でOKなので、さっそくオレンジパートリッジで高速リトリーヴ。狙いも何も着水と同時に食ってきます。目をつぶってても釣れます(笑)。

隣の先客はフライデビューでしょうか、5m飛ばないキャスティングで浮き下50cmのルースニング…。それでも結構ピョンピョン釣れるのがルアー師には理解できないところ(笑)。シュビィィってイイ音鳴ってます。ほれ、釣ったぞ!と言わんばかりにつきちん。を意識されてるんですが…。

なんか、気分悪いんで第2ポンド入り口の階段降りたところにライズがポツポツあるんで移動。ここはバックスペースが全然ないんでキャスティング要注意です。どうりで「カワム○君」がシングルホールなわけがわかりました(笑)。

そして、ここはブラウンのポイントなのでしたー!(知ってるって?)パラシュートに出るのはブラウンオンリー。12:00までに10匹釣りました!

釣れるのはいいんですけど、ノソーっと出てくるブラウンの出方があんまおもしろくないんで、チンタラL.L.でバラシまくってるおとーさんを呼んで第1ポンドへ。

水は超クリアです。夏とは全然違います。でも表層なんです!ソフトハックルorドライでOK!
今回、ハックルの締め方悪かったのかすぐにボロボロ…。4つ壊れた。ま、潰れても釣れるけどね。おとーさんもがんばって早よ釣りやー(笑)。

手が痛くなるまで釣って気づけば午後4:50。
少し離れれたところで釣ってるおとーさんの方を見ると、そこだけなんかビショビショ…。
「おとーさん、そろそろ終わる?」
「ルースニングには負けん!」
って目がマジ…。

「もう、50匹釣ったし満足したわ。おとーさん何匹釣った?」
「今、98匹目!絶対負けんっっっ!」
「げげっ、いつの間に…」

まったく、大人げない(泣)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

Wii、なんとか予約。

Ts310959オンライン予約は全然つながらない…。つながったと思ったら、「予約受付は終了しました」って(泣)。

おいおい、ひょっとしてWiiがクリスマスに無いんじゃ…。なんて、このところ毎日焦ってたところ、おとーさんから朗報。

向日町のトイザラスで11/22予約受付開始との情報。さっそく、おとーさんに午前中仕事休んでもらって、朝から並んでもらいました(笑)。

79番目で無事予約完了。予定台数180台とのことで、すぐにSOLDOUT。うーん、トイザラスオンラインでは多分予約できなかったと思うね、ラッキーか。YUKIさんとこのTAKEくんは予約できたのかなぁ…。

さて、来週末の12/2にはWiiがつきちん。ちに届きます。何しよっかなーって、ソフト全然考えてへんかった。コントローラーも、もう一ついるよね(笑)。ま、来週考えよーっと。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

クラフトトラウト。

Ml_ts310951_2今日は「関西文化の日」ってことで入館料無料だと聞いてたんですが、水族展示は有料って…。

しっかり調べとくんだった(泣)。

さて、何年ぶりやろ、琵琶湖博物館。正面のガラスには「祝開館10周年」と言う垂れ幕がかかってます。10年前から、特に変わってませんが…(笑)。

今日の目当ては、行きつけの天女魚庵(笑)店主が紹介されていた「木から生まれた渓魚たち」フィッシュクラフト展を見に来たのでしたー!

うう-ん、さすがイイ出来ですね!

このアマゴのヤツ欲しい玄関に飾りたい!

メールで写真送れば抽選で1名様に実際に作ってくれるんだってー。これはナイス!

って、つきちん。はこれを参考にして自作意欲がわいてきました!
大将、西洋毛鉤さん、素晴らしいヒントあざーす(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

河原町⇔なごみの湖

Ml_ts310945_2土曜日、つきちん。は朝7:00学校集合で練習試合です。
寒すぎるけど、試合は結構ヒートアップしました(笑)。
昼過ぎに、家に帰るとカウンターに昼食のチャーハンとお金が置いてありました。
午後から、サッカー部仲間で河原町のサッカーショップKAMOへニュースパイクを買いに行く予定です。

もちろん欲しいのはルーニーモデルです!

チャーハン食って、さぁ、出かけよーと思って用意してたんですが、カウンターには5千円札が一枚…。
えっ?横に1万円札落ちてんのかなと探してみましたが見あたりません…。

うそやろ?と慌てておかーさんに電話しました。
「おかーさん!5千円しかないんやけど!スパイク買えへんやん!」
「えっ?私まちがえたかな…?とりあえず、KAMOへ行きなさい。電話しとくから…。」
というわけで、みんなで行くことにしました。

KAMOでルーニーモデルを試着したんですが、サイズが無いようです…。おとーさんは、「サイズ無かったら、オンラインで買えや!」って言ってたんでとりあえずケイタイに連絡…。
「おとーさん、何処にいる?」
「今、なごみの湖」
「ルーニーモデル、サイズ無かったんやけど、お金あんまり持ってへんし、セールでカッチョイのあったから買っていい?」
「えっ、お金ってカウンターに置いてあった金?」
「うん、5千円しか置いて無かってん。」
「ゴメン、1万円持っていった…。」
「なにぃぃぃぃぃぃー!」

まったく…。ま、安くてカッチョイイスパイクあったからイイですけどね。お釣りはイタダキマース!(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Nouveauガブノミ。

Ml_ts310942_2おかーさん、今週いくら仕事忙しかったとはいえ、3本がぶ飲みはいかんよ…。

あては、勘太郎さんに教えてもらった、牡蠣を85℃で一分以上…。でも、結局ガッツリ食える、グラタンにしちゃいましたー(笑)。

「さぁ、明日はゆっくり寝るでー!」っておい、明日もつきちん。の弁当お願いしますぅぅ(泣)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

しょうちん。のショベルカー。

Ts310936「ショベルカー!」がお気に入りです。
いつもブロックで楽しんでやがるんですが、ちょっと手伝ってショベルカーらしくしてやりました…。
その後、つきちん。が少しでも触れると怒りやがります。そのくせ、すぐ壊して泣きながら持って来やがります。ヘイヘイ…(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

瑠璃渓に冬が訪れ。

Ts310931_2日曜日、晴れてますね。さー、つーてん湖まで、フライフィッシングで銀鮭釣りに行ってみよー!
つーわけで、10時前に瑠璃渓に到着。車から降りると、うぉぉ、さぶーっ!
なのに、すでにアングラーはいっぱい。
みなさん、50オーバーのコーホー狙いですね(笑)。
マネージャーに聞いてみると、今日は活性低いらしいです…。

桟橋を見てると、入って右側でL.L.の方が釣れてるみたいですが、全体として竿が曲がってません。
しばらくすると、親子連れの方が、10:00時点で寒さにギブアップ。おいおい…(汗)。

でも、晴れ間もあるんでいつもの右方向へ船を出します。どう考えてもボトムやろって、タイプ2+黒リーチで50カウント。もう冬の釣りになってます(笑)。

⊃…。⊃…。⊃…。

アタリ少ないです。しだいに雨も強くなってきました。
「さぶーい!いったん戻ろう」って手繰ってると、ガツーン!
釣ったぢゃなくて、釣れた…(泣)。

その後、L.L.に換えて延々と沈めましたが、ダメです…。
「左のシャロー行ってみる?」ってことでリールを巻いてるとズバッ!またかよ(泣)。

と、こんな感じで、つきちん。の本日の釣果は3匹…。一回も合わせてないつーの!
もちろん、コーホーの姿は見ず(泣)。

来月には雪の京都、氷の通天湖となります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

嵐山は色づき始め。

Ml_ts310922_2今日はなんか暖かいですね(笑)。
嵐山の木々も色づき始めました。いよいよ、京都も紅葉の季節。嵐山フィッシングエリアのある、ここ高雄パークウェイもものすごい人出になります。
大勢のギャラリーに囲まれながら、フライフィッシング。ドライで爆釣するのは結構快感(笑)。

そして、明日からLake Arashiyamaいよいよオープン!
70cmはあるモンスターブラウン&スーパーレインボーの放流を見せてもらいました。すごかった…。

「つきちん。明日来るー?」
「あかん。明日サッカーの練習試合。」
「じゃあ、りゅうちん。が来る?」
「小2ぢゃ、ムリやろ…。」
「だいじょーぶだよ!大人いっぱい居るから。りゅうちん。がスペイ投げたら、カッコイイだろーなー(笑)」
と、りゅうちん。びいきのマネージャーですが…。

どう聞いても、我が家に年券52,500円×3人分をよこせーって言ってるよーに聞こえます(笑)。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

DOビーフシチュー。

Ts310916__2いきなし京都は冬になってんですが…。
寒い日は、暖かいものを食べよー!肉食べよー(笑)。
つーわけで、つきちん。が作るビーフシチューです!

材料も作り方もHEINZの缶に書いてありまーす(笑)。りゅうちん。のリクエストでブロッコリー1本とマッシュルームを追加購入。

えーっと、ブロッコリーはゆでてから一口大に…。DOで他の野菜を炒めて、肉はフライパンで炒めてワインのアルコールとばしてからぶち込もー…。ジャガイモは後で入れよー…。
んでからー…、はぁ?1時間煮込めだぁ?
腹減ってるっちゅーねん!
30分後…、
いただきまーす!熱っ!うまっ!うーん、ちょっと肉硬いかなぁ…(笑)。
おかーさん帰ってくる頃にちょうどええ感じかな。8人前作ったし、後でまた食べよっと!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

ライバル現る。

Ts310906_2日曜日、通天湖のサービス券で楽しもうと思ってましたが、なんと「ヒメマス放流」とのことで朝5:00起きで京都からサンクチュアリまで。
話によると、ベニザケになってないセッパリヒメマスだそうで、楽しみです。フライはアカムシパートリッジでどう?(笑)
一番乗りでサイトしながらキャストしますが、それらしき影はみあたりません…。
10時までですでにニジマス25尾。L.L.でも絶好調のサンクチュアリです!

と、横の方から「隣いいですか?」と身の丈もなりもつきちん。と同じくらいの中学生が一人(写真)…。「うん。どーぞ。」ってことで横目で見てると、なんとリーダーにトウガラシウキつけてフォワードキャスト。
「なんじゃそれー!」って声に出てしまいましたが、「本に載ってるよ!」って、さも新しい釣法のように言いやがったから、逆に新鮮(笑)。
気にしないようにしてL.L.で連発してると、隣は50オーバーヒット…。が、バラシ(笑)。
「残念やナー(笑)」「針のびちゃったよ(泣)」と初会話。その後は、ソフトハックルをリトリーブして表層を狙ってるよーです。そして、またもや大物ヒット!「今日は、水面直下がいいみたいだね!」だって。「う、うん…(悪かったなLLで!)。」と返事しときました(笑)。

彼は名古屋に住んでる中1のアングラー、カワム○君。毎週おとーさんとサンクチュアリに来てるらしいです。ダブルホールは出来てませんが(笑)、シングルホールでキレイにキャストしてます。すっかり仲良くなって二人で爆釣しました。ルアーの方、ごめんなさーい(笑)。ランチも一緒に食べて、自作フライの交換もしたしね!
カワム○君、また会える日を楽しみにしてまーす。

つきちん。の本日の釣果:ニジマス70匹、ブラウン2匹。
あ、そうそう、フライフィッシングエリアではヒメマスの姿すら見ること出来ませんでした(泣)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

しょうちん。初トバ。

Ts310894_2朝からしょうちん。は退屈してます…。
というわけで急遽、「伊勢志摩ライナーでも乗りに行くか!」って、おとーさんと出かけることに。

さすが3連休。京都駅はものすごい人です…。最近電車づいてるしょうちん。は「キンテツー!ビスタカー!」と大はしゃぎ。10:15発の伊勢志摩ライナーはサロンも満席です(笑)。
目的地はもちろんトバ。つきちん。はよく行ってる(小学校でも1泊で行った)けど、しょうちん。は初めてです。
デカイアザラシやマナティにびびりながらも館内を走り回ります。
トラウト類はアマゴだけでした(笑)。

いやー、しょうちん。は無料だけど、京都からだと昼食含めて大人は1人10,000円コースです…(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »